物忘れの予防はサプリメントで改善!今すぐ始める認知対策

物忘れを予防するサプリメントはこれ!比較ランキング

 

物忘れを頻繁に起こっていませんか?

 

「昨日食べた食事が思い出せない」

 

「孫の誕生日を忘れてしまって、いつの間にか過ぎてた」

 

「携帯をどこに置いたか忘れてしまった」

 

「買い物で何を買いにきたかわからない」

 

こんなふうに、うっかりしたり物忘れの経験をしたことがある高齢者の方は多いのではないでしょうか?

 

多少の物忘れは高齢者の方じゃなくても誰にも起こることなので、たまにでるくらいであればそこまで気にすることではありません。

 

しかし、20代をピークにどんどん高齢になるにつれて、このような物忘れが頻繁に起こるようになります

 

そして50代を過ぎたころから徐々に物忘れもひどくなり、物忘れに伴って気持ちの浮き沈みが激しくなったり将来家族に心配を掛けないかなどを心配するようになってきます

 

そしていつの間にか65歳あたりでアルツハイマーや認知症になってしまい、家族に介護されるようになり、迷惑をかけていたというケースも少なくありません。

 

しかもアルツハイマーや認知症も重度になってしまうと、自分で家族に迷惑をかけていることすらもわからなくなってしまいます

 

これが一番アルツハイマーや認知症のこわいところです。

 

認知症の人を介護したことがある方はわかると思いますが、認知症の方を介護するのは本当に大変です。

 

もしかしたら介護のために仕事を変えないといけないかもしれませんし、施設にいれるにしろお金がかかります。

 

このように認知症になってしまい、家族にも迷惑を掛けないためにも、うっかりや物忘れが頻繁に起こるようであればできるだけ早い時期に対策することが大事です。

 

物忘れの原因は?

 

物忘れがひどくなる原因は様々ありますが、基本的には加齢によって認知機能が低下しているのが原因です。

 

では物忘れになってしまう原因は

加齢による脳の老化
ストレス
寝不足
食生活
運動不足

 

などがあげられます。

そして上記のようなことが原因で脳に老廃物が蓄積されたり、酸化することで脳細胞が死んでしまいます

 

そうすると脳細胞が減っていってしまい物忘れの症状がでるようになります。

 

これを初期段階で予防することが出来れば問題ないのですが、そのまま放おっておいてしまうと、いずれ認知症やアルツハイマーになってしまうのです。

 

物忘れの予防に良い成分

 

物忘れの予防にいいと言われている成分は

 

DHA

DHAは物忘れの予防には特に欠かすことができない成分です。DHAは元々脳の神経細胞に多く含まれていて知的栄養素と呼ばれている成分です。DHAは体内で付く出すことができないので、食事やサプリメントなどから摂取するしかありません。厚生労働省では1日あたりDHA及びEPAの合計で1000mgを摂取することを推奨しています。

 

プラズマローゲン

プラズマローゲンとは体内にあるリン脂質の一つで、脳細胞の酸化を防いで、老廃物を排出してくれる働きがあります。プラズマローゲンは鶏胸肉やホタテ貝などに多く含まれていますが、成分自体が壊れやすいためサプリメントなどで摂取した方が効率よく摂取することができます。

 

ジオスゲニン

ジオスゲニンとはヤマイモに含まれている成分で、2012年の富山大学の研究チームによってアルツハイマーの予防に期待できるという研究結果を発表しました。アルツハイマーの原因とされているのはタンパク質である「アミロイドβ」という物質が脳蓄積されることで記憶障害がでます。このジオスゲニンを摂取することで「アミロイドβ」が70%も減少しました。ヤマイモに多く含まれていますが、ヤマイモをそのまま食べても上手く吸収されないので、特殊製法したサプリメントなどから摂取したほうがいいです。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスはアルツハイマーや認知症の予防をしてくれる成分として、ヨーロッパやアメリカで使われているとても有名な成分です。イチョウ葉エキスには脳の情報伝達機能を増やしたり、活性酵素を除去してくれて、脳機能を活性化してくれる働きがあります。

 

高齢者の方ほど早期予防が鍵

物忘れは誰でもなるから私だけじゃないと思っている人も多いですが、その時はなにもないかもしれませんが、物忘れというの加齢に伴いどんどん進行していきます。

 

しかも、加齢するごとに

 

「1年前よりも物忘れが激しくて覚えていない」

 

という経験がある方も多いでしょう。本当に50歳を超えたあたりから物忘れの進行はどんどん早くなります。

 

物忘れは認知症やアルツハイマーの初期段階といっても過言ではありません

 

今からでも遅くはありません、家族は勿論のこと自分のためにも、認知症やアルツハイマーになってしまう前にしっかりと物忘れの予防をしていきましょう。